本当に効果のある視力回復法をご紹介します。近視・遠視はもちろん、子供の視力回復や動体視力のトレーニング方法まで、用途にあったプログラムを取り上げます。

レーシックに失敗したと噂される芸能人・有名人

レーシックに失敗したと噂される芸能人・有名人はたくさんいます。

もちろん噂ですし、ネット上の情報は不確実なものも多くありますので、真偽は定かでないものも多くあります。

それらを踏まえ、参考情報としてまとめてみました。

 

前田敦子

ブログでレーシック手術を受けた報告をした前田敦子でしたが、

その後、メガネをかけた画像がネット上で出回るのと同時に、

レーシック難民になったのではないかという噂が広まりました。

この画像は、自動車運転免許を取りに行くテレビ番組の企画での伊達メガネであったようですが、

レーシックの失敗や後遺症については謎のままです。

 

本田圭佑

サッカー日本代表の本田圭佑も、レーシックに失敗したのではないかという噂が湧き上がりました。

かつてレーシック手術を受けると同時に、そのクリニックの広告塔にもなっていた時期がありました。

その後、目が異常に大きくなり、さらに飛び出しているように見えることと、

サッカー自体の成績不振なども相まって、レーシックの後遺症なのではないかと話題になりました。

甲状腺の病気であるバセドウ病ではないかなど、さまざまな噂が飛び交いましたが、

真相は不明です。

 

井端弘和(プロ野球選手)

長年中日ドラゴンズで活躍し、現在は読売ジャイアンツに所属している井端弘和は、

過去、極度の近視に悩まされ続けており、数回にわたりレーシックを受けていました。

手術後も調子が上がらなかったため、同様にレーシックに失敗したのではないかという噂が広がりました。

後に、本人の著書の中で「上皮角膜ヘルペス」というウイルス性の病気だったことを告白し、

レーシック手術の失敗だという報道を否定しています。

 

一場靖弘(元プロ野球選手)

2004年のドラフト会議で、読売ジャイアンツからの裏金騒動で時の人となった一場靖弘。

プロ野球選手としてはあまり目立った成績を残すことなく、その後野球界を離れているようです。

一場選手は、プロ野球選手時代の2007年にレーシック手術を受けていますが、

その影響で右目の角膜炎を起こし、入院するほど重症化しています。

右目視力は0.04まで低下し、一時は失明の危機もあったそうですが、その後は回復したようです。

 

イチロー

日米を通じて数々の記録を樹立しているイチロー選手は、

優れた動体視力の持ち主としても有名です。

しかし、視力自体はそれほど良くないという事をご存じでしょうか?

0.4程度しかないという噂もあり、実際の視力は定かではありませんが、

医師にはメガネやコンタクトレンズの着用を勧められているのは事実のようです。

ここ数年の成績低迷が、体力の衰えとともに視力低下が原因ではないかと言われています。

イチロー選手もレーシックに失敗したのではないかと噂されていますが、

レーシック手術を受けたかどうかも含め、定かではありません。

 

タイガー・ウッズ(プロゴルファー)

タイガー・ウッズもレーシック手術を受けたスポーツ選手として最も有名な人の一人です。

1999年にレーシック手術を受け、そのご「カップがバケツに見えた」という名言も残しています。

しかし、2007年に再手術を受けているそうです。

元々0.04という強度の近視だったため、レーシック不適格にもかかわらず手術したのが原因で悪化したのではないかという説や、

逆に、更に視力を高めるために再手術を受けたのではないかという説があります。

 

松本伊代

レーシック手術で近視自体はよくなったようですが、

その後近くが見えにくくなり、後日老眼治療を受けていたことをブログで告白しています。

元々近くが見えにくかったとも言っており、レーシックの影響かどうかは不明ですが、

手術を受けたクリニックで後日老眼治療を受けたことは事実のようです。

 

樽美酒研二(ゴールデンボンバー)

ゴールデンボンバーの白塗り担当、樽美酒研二もレーシックを受けています。

レーシック手術当日の様子を詳しくブログで紹介し、話題となりました。

しかし、その後ブログが更新されなくなり、レーシックの後遺症ではないかと噂されました。

 

マギー審司(マジシャン)

マジシャンのマギー審司さんも、少なくとも2度レーシック手術を受けています。

両目とも0.02と元々強度の近視だったようで、

最初のレーシック手術を受け、手術直後は改善したものの、すぐに元に戻ってしまったようです。

そこで、再度手術を受け、1.5まで視力が改善したものの、

またすぐに0.5まで落ちてしまったそうです。

再手術の際、医師に99%の確率で大丈夫と言われていたようなのですが、

後に「残り1%に選ばれてしまいました。」とブログに綴っています。

 

ニコ・ヒュルケンベルグ(F1ドライバー)

F1ドライバーのニコ・ヒュルケンベルグも、2013年のシーズンオフにレーシック手術を受けたことを報告しています。

手術はうまく行き、手術後には視界良好で快調であると言っていましたが、

2013年シーズン開幕後、接触事故が何度かあったことから、

レーシック手術がうまくいっていなかったのではないかという噂も流れました。

 

アダム・クレイトン(ロックバンド「U2」ベーシスト)

世界的なロックバンドU2のベーシスト、アダム・クレイトンは、

レーシックの後遺症のため、夜間に車を運転できなくなってしまったと、

ニューヨークポスト紙が報道しています。

 

レーシックの失敗は多いのか?

このように事例をまとめてみると、レーシックの失敗事例は多いような気がしてきますが、

実はレーシックを受けた有名人・芸能人は数えきれないほどいます。

http://lasik.eyeportal.jp/20ope/koudakumi-san-hoka.html

http://www.yokumieruyo.com/022/

これ以外にも公表していない人も多いと思いますので、

レーシックが失敗する確率は、ほんのごくわずかと言えるでしょう。

しかし、ごくわずかとはいえ、失敗・後遺症・トラブルがあるのも事実です。

上記で取り上げた方々は、イチロー選手以外はレーシック手術を受けた事は事実です。

井端選手・タイガーウッズ・マギー審司さんは、複数回のレーシック手術を受けています。

松本伊代さんは別途治療を受けていますし、一場選手は重症化しています。

 

まとめ

レーシック手術は、技術の進歩により、精度や安全性も高まっています。

一部の報道やネット情報にあるように、それほど危険で心配するものではないでしょう。

しかし、外科手術の1つですので、100%ということはありえず、一部では望み通りにならない場合もあります。

傾向としては、

  • 再度視力が落ちてしまう。
  • 再手術が必要になる場合がある。
  • 眩しさや近くが見えにくいなどの副作用がある場合がある。

という事例がおおいようです。

失敗かどうかは受け取る側の判断次第という部分も多々ありますので、

このようなリスクを踏まえて検討する必要がありそうです。

 

ランキング
徳永式1.5視力回復プログラム
徳永式1.5視力回復プログラム
累計460万部という大ベストセラーになった視力回復本「マジカルアイ」。この監修を行った徳永貴久氏による本格的な視力回復プログラムです。
「福辻式」視力回復プログラム
「福辻式」視力回復プログラム
テレビや雑誌でおなじみの福辻鋭記氏によるプログラム。東洋医学的な見地から肩・首の筋肉を鍛え、頭蓋骨を緩めることで視力を回復します。
今野式近視改善エクササイズ
今野式近視改善エクササイズ
著書「目は1分でよくなる!」シリーズでお馴染みの今野清志氏によるプログラム。血行障害に着目し全身のストレッチや呼吸法で視力を改善します。
1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法
1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~
視力回復トレーニング最大手「アイトレーニング視快研」のトレーニングが自宅で行えるトレーニングキット。パソコン不要で子供からお年寄りまで幅広く利用できます。
川村明宏の視力回復法 ジニアスeye
ジニアスeye
任天堂DSソフト「目で右脳を鍛える」で有名な川村明宏氏による視力回復術です。ゲーム感覚でトレーニングでき、近視だけでなく動体視力も鍛えます。
動体視力トレーニングメガネプライマリー
スポーツでの動体視力トレーニング専用に開発されたメガネ。付けてプレーするだけで、直後に効果を体感できます。まさにボールが止まって見えること間違いなし。
動体視力トレーニングソフト「武者視行」
動体視力測定&トレーニングソフトとして最も有名なソフト。元F1レーサー佐藤琢磨さん、元ボクシング世界チャンピオン長谷川穂積さんなど多くのトップアスリートも利用。
視力回復プログラム24 -Twenty Four-
視力回復プログラム24 -Twenty Four-
眼筋を鍛えるというオーソドックスなトレーニング法ながら、低価格で特典多数。初めて視力回復に取り組む方向け。
子供の視力回復「楽々!視力アップマニュアル」
子供の視力回復「楽々!視力アップマニュアル」
「アイトレーニング視快研」で実際に行われているトレーニングを自宅で行えるキット。実際に使える道具が自宅に届きます。
今野式乱視改善エクササイズ
今野式乱視改善エクササイズ
視力回復院として有名な「日本リバース」院長今野清志氏によるプログラム。「乱視」の改善に特化した内容で、血行の促進にアプローチする視力回復法です。